宅地建物取引士

不動産の取引に関わるプロフェッショナル。「独占業務」があることに加え、「設置義務」が法律で定められていることが、安定した社会的ニーズにつながる大きな強みです。

宅地建物取引士とは

毎年約20万人もの方が受験する大人気の国家資格。宅建士は宅建業者の事務所ごとに、従業員5人に1人以上の設置が義務づけられており、不動産取引業務には必須の資格です。

試験情報

試験概要
(一財)不動産適正取引推進機構

宅建士_キャンペーン

宅地建物取引士講座戦略的カリキュラム

無料セミナー開催!

内容 日時
無料セミナー 01月21日(金)17:00~ 早期学習応援キャンペーン実施中!受講料割引あり
01月26日(水)18:30~ 早期学習応援キャンペーン実施中!受講料割引あり

開講コース

2022年合格目標

総合本科生S【2022年合格目標】

初学者の方でも知識をしっかり身に付けられるカリキュラムをご用意。
法律の学習が初めてでも無理なく合格が狙えるコース

「法律の学習が初めて」「勉強が苦手」という方でもご安心ください。 なぜなら、基礎を理解し、復習するための時間が十二分にあるからです。 早めの学習スタートだからこそ、ライバルにできないことをおさえ、確実に合格を狙うことができます。

対象者 初学者
受講料
(税込・教材費込)
総合本科生S 通常受講料 175,000円
⇒早期学習応援キャンペーン受講料 160,000円(2022年1月31日まで)
開講日 ビデオブース
(個別DVD)講座
開講中
日程 2022年合格目標 宅建士講座 日程表
"宅地建物取引士_course01"

総合本科生S Plus【2022年合格目標】

受講生に好評の「過去問答練」13回分<計325問>がカリキュラムに含まれたInput・Outputとも完全装備の安心・万全のオススメコース!

毎年受験生から要望の多い過去問対策。それは学習を始められた受験生が宅建士試験の過去問対策の重要性を痛感されるからに他なりません。 インプットは入門講義からスタートし、アウトプットは325問の過去問対策を含めた多くの問題演習の機会がありますので、その都度自分の実力を確認し、弱点を克服しながら強固な知識が身につく「初学者にとって安心・万全の試験対策コース」です。

対象者 初学者
受講料
(税込・教材費込)
総合本科生S Plus 通常受講料 200,000円
⇒早期学習応援キャンペーン受講料 180,000円(2022年1月31日まで)
開講日 ビデオブース
(個別DVD)講座
開講中
日程 2022年合格目標 宅建士講座 日程表