中小企業診断士

長かった!!

TAC徳島校のスタッフの皆さま本当にお世話になりました。東京から徳島に転勤させられ一時は受験をあきらめようとさえ思っていました。TACの提携校が徳島にあることを知り早速門をたたいた時のことを思い出します。

@TACで続けられた理由・A複数年間モチベーションを維持できた理由・B今後の自身の抱負について書いていきます。@大学卒業以来殆ど学習する機会がなかった私にとってTACのカリキュラムは勉強できる指針を与えてくれました。また、講師より一日の学習時間のグラフを作るよう指導され学習の目安と達成感を得られ継続できました。A私は二次試験合格まで複数年かかりました。この間(二次試験が終わる10月以降)他の比較的短期間で合格できる資格や検定試験の学習を行いました。同じことの繰り返しを避けることで、マンネリ化を防ぎました。私は簿記2級や1級販売士・FP2級などを学習しました。これらはTACの講座があるのでそれを活用しました。これらは、一次試験に直結する内容です。また、自習室には他の試験にチャレンジしている仲間がいます。その人らと顔見知りになり声を掛け合ったりして、意欲を高め継続できました。B私はもともと営業職です。客先への提案や自分の部署の業績を把握したくこの資格を目指しました。診断士はとても幅広い知識が必要です。経営戦略を使っての経営診断や小さな企業様の強みを引き出した収益強化の提案。雑誌やビジネス書の執筆。開業セミナーなどのセミナー開催等幅広くチャレンジしてみたいと思っています。 診断士は、仕事に直結する資格です。ビジネスマンならだれにでも必要な内容が学べます。1科目でも学べば楽しくなってきます。ぜひ徳島校での診断士同窓会を開きませんか。